シラミは10日以内で完全に駆除
現在、流行中のシラミには梳き櫛(すきぐし)が有効です!
薬の効かないシラミは梳き櫛で直接除去。
すぐに駆除開始がシラミ退治のキーワードです。


ニットフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛
2014年10月22日

【頭しらみ】梳き櫛で1日で退治完了です!

nitfree-comb.jpg

兵庫県と大阪府でシラミ退治のお手伝いをしてきました。
基本的にスミスリンシャンプーやシラミ除けスプレーは使わず梳き櫛だけで駆除しています。
今日は先週、ニットフリーコームで駆除を行った6歳の女の子の駆除完了の確認です。

殺虫剤を使わずに1日でシラミを撃退!

駆除の日は耳の後ろから後頭部にかけてビッシリと卵がついていましたが、猫っ毛でとても細い髪質の子だったので駆除は簡単でした。この子のような髪質だとスミスリンシャンプーなどのシラミとりシャンプーより梳き櫛の方がはるかに早く確実に駆除できる場合があります。

クセ毛や髪の太い子の場合はコンディショナーを使ったり、ライスマイスターなど凹凸のない梳き櫛を使うことがあるのですが、この子の場合は普通のクシで梳かした髪に霧吹きで水気を与えながらニットフリーコームで梳きとるだけの簡単な処置でした。今回は1日で終わらせる予定で、頭髪全体に3周のコーミングを施しました。

もちろん通常は(髪の長い子や毛量の多い子の場合は取り残しの恐れもあるので)お母さんにも数日はコーミングを続けてもらいますが、短髪の男の子や目視で確認できるくらいの毛量の少ない子の場合は、慣れると1日か2日程度でほぼ確実にシラミを退治することができます。

nitfree-combing.JPG

シラミ駆除完了の確認

まずはライトとルーペを当て目視で確認。
続いて梳き櫛で丁寧に頭髪全体を梳いてチェックです。
シラミや卵があれば梳き櫛の歯に挟まってきますが、めでたくゼロで駆除完了です。

梳き櫛による駆除にかかった日数 1日
駆除の完了確認のための期間 7日間
その間にお母さんにお願いしたのは普通のシャンプーと通常のお掃除・お洗濯です。
その後は再発や再感染していないか、たまに頭髪を覗いていただいて終わりです。

使えば納得の優秀な梳き櫛!


ニットフリーコーム シラミ・卵駆除専用櫛


もしクセ毛や絡みやすい髪が気になるという方は全米シラミ症協会開発のライスマイスターという梳き櫛を使ってください。かなり使いやすいですし、卵が本当によく取れます。



ニットフリーコームはスクリュー状の溝が彫り込まれているので、長い髪をストロークしている途中で毛が絡むと溝に毛が引っかかって抜きにくい形状をしています。よくニットフリーを使っていて髪がボロボロになったりプツプツとたくさん切れてしまったというお話がありますが、髪質によっては工夫をしないとやりにくいことがあります。あらかじめ普通のクシで梳いて櫛通りをよくしておいたり、オイルやコンディショナーを塗って滑らせながら行うと改善できることがあります。

梳き櫛があればシラミに感染しても怖くない!

梳き櫛でシラミを駆除するときの基本は「丁寧に」です。
クシの品質さえ良ければ、シラミの幼虫・成虫・卵の全てを梳きとることができるので、繰り返し根気よく行えばだれでもシラミは駆除できます。

スミスリンシャンプーや他の方法で上手くいかなかった方、再発を繰り返している方は、ぜひ梳き櫛も使ってみてください。使い捨ての殺虫剤よりコスト面でもてても優れてますよ。


posted by 子供のシラミ退治 at 19:22 | アタマジラミの体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月12日

【アタマジラミ駆除】安い梳き櫛はダメなのか

日本に古くからある昔ながらの梳き櫛からペット用のシラミ駆除櫛までを試した中で、アタマジラミ専用の駆除櫛として最も強く推奨しているのが「ニットフリーコーム」です。

上手に使えば薬剤など他の駆除用品を用意しなくてもニットフリーコームのみでアタマジラミの駆除を完了することができます。

アタマジラミの駆除に最も重要になのが卵の除去です。アタマジラミの卵は小さいうえに、髪の毛に強固に接着されるため全てを取り除くのには大変な苦労を強いられます。シラミの卵は殺虫剤であるスミスリンシャンプーを使用しても生き残り完全駆除の妨げとなります。

そこで登場するのがシラミの卵除去に特化した特別なクシです。通常の櫛と違うのは目の細かさです。シラミの卵は指でつまむ程度では取れません(フケとの見分けに役立ちます)。親指と人差し指の爪でしっかりと挟み、髪の先端方向へスライドさせることでようやく取り除くことができます。特別に目の細かい櫛はシラミの成虫と同時に卵も梳きとることができるのです。

安い櫛 シラミ取り櫛(ライスコーム)


アタマジラミのことを英語で head lice(ヘッドライス)と言います。ニットフリーコームよりかなり安く、似たような構造の櫛が販売されています。ニットフリーコームは2700円ほどするかと思います。

この櫛の画像を一目見ると、ニットフリーコームと決定的な違いに気が付きます。

使い込んだニットフリーコーム
nitfreecomb.JPG

写真を見比べて頂くとお分かりになると思いますが、明らかに「歯と歯の開き具合に」違いがあります。使い込んだニットフリーコームと比較しても、ニットフリーコームの方が密なのがお分かりいただけると思います。

では、この安い櫛はダメなのか。
結論から言うと「この櫛でも十分にアタマジラミの駆除は可能」だと思います。
ニットフリーコームとその他の梳き櫛の差は「取りやすさ」です。

スミスリンシャンプーなど薬剤による殺虫を考えている方はこちらのライスコームを使用しても駆除することが可能でしょう。(抵抗性シラミの方が心配)

ただし先に述べた通りアタマジラミの卵はとても小さく頑丈なものです。髪の毛の細い方は、駆除の際に素通りしてしまうことがあり、必然的にストロークの数が増えてしまいます。そうすると髪を傷めやすくもなりますし、取り残しのリスクもより大きくなります。また安い櫛の中には頭皮や頭髪を傷つける物もあるので注意が必要です。
posted by 子供のシラミ退治 at 00:34 | アタマジラミの体験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。